加齢臭は何歳から?

加齢臭の原因となるノネナールが何歳ごろから増加するのかも、資生堂の実験によって明らかになっています。

加齢臭の原因物質ノネナールは20代や30代の人からはほとんど検出されていません。
しかし40代になると男女ともにノネナールが増加し始め、年齢を重ねるごとにその分泌量も多くなり、
加齢臭も強くなってくることが分かりました。

この原因は、人間は40代以降になると脂肪酸が増加すると同時に、
ノネナールを作る原因となる過酸化物質が増えるからだと考えられています。

また別の研究からは、50代の後半以降の年齢になると、
ノネナールのほかにオクテナールやヘキセナールと呼ばれる臭い物質の増加も顕著に見られることが分かっています。

しかし加齢臭が何歳ごろから強くなってくるのかには個人差も見られます。
体質によっては20代や30代といった、何歳かに関わらずノネナールが検出され、加齢臭が感じられるケースもあります。