日本人と加齢臭

日本人は元来、体臭の極めて少ない民族だといわれていました。

もともとモンゴロイド人種は汗腺からの臭いが非常に少ないことが原因で、
体臭も少ない傾向がありますが、
日本人の場合はここに植物性の食べ物や魚を中心とした食生活という特殊な原因が加わっていたのです。

しかし、現在では日本人の食生活も変化し、肉や乳製品などの動物性脂肪を日常的に摂ることが多くなったことが原因で、
体臭も発生しやすい状況になっています。

最近特に話題となることの多い加齢臭も、こうした日本人の食生活に大きく関係しているといわれています。

しかし、逆にいえば、食生活を改善することで加齢臭の発生もかなり抑えることができると考えられます。
かつての日本人が食べていた和食、つまり季節の野菜や魚中心の食生活を毎日の食卓に積極的に取り入れることで、
加齢臭の原因の多くも取り除くことができるのです。